高い抗酸化力を持つ色素成分「アントシアニン」

飛蚊症をはじめ、網膜の病気である黄斑変性症や糖尿病性網膜症、他にも、網膜内の血管が詰まる網膜中心静脈閉塞症など、眼には実に様々な種類の病気が疾患が存在しています。その位影響を受けやすい器官でもあるのですが、そんな眼の疾患に効果的だと言われて人気なのがアントシアニンです。

アントシアニンは、ベリー類の果実に含まれる紫色(正確には青紫~黒色)の成分ですが、ブルーベリーや同じ仲間の野生種であるホワートベリー(ビルベリー)などに多く含まれています。元々、眼に良いと言われて重宝されてきたブルーベリーも、主な効果はこのアントシアニンによるものです。

また、ブルーベリーには食用になるものとサプリメントの原材料となるものの2種類があるのですが、ビルベリーの中にアントシアニンがブルーベリーよりも多いという事がわかってからは、主流がビルベリーとなっています。

血液サラサラ・体脂肪燃焼

アントシアニンには、抗酸化力に優れていることで血液をサラサラにする働きもあります。これば、同じように抗酸化力の高いビタミンEが、血中コレステロールを除去する働きがあるのと同じようなものだと考えられます。

また、体脂肪を燃焼する効果もあり、総合的に冷え性の緩和にも効果が期待できるという優れた面があります。アントシアニンだけで視力回復効果があるという事からも、摂取を意識したい栄養の一つです。

植物に多く存在するアントシアニン

アントシアニンは、食材に多く含まれる色素なので、紫色や黒色の色素成分を含む果実などに豊富に含まれています。食材として摂取しやすいものでは、黒豆、ぶどう、ベリー類、カシス、ナス、プルーン、サツマイモなどですが、抗酸化作用を意識して摂取するなら、サプリメントでの摂取が良いと思われます。