カテキンは緑茶の苦味成分に含まれる抗酸化成分

カテキンは、ポリフェノールの一種で緑茶の苦味成分としても知られていますが、抗酸化力に優れた成分でもあります。また、緑茶には、抗菌作用や整腸作用、または、胃粘膜の保護作用があるので、口臭予防や胃がんの発症率を下げる効果があると言われています。

緑茶は、病気の予防に対しても有効性が示されていて、女性に多い乳がんや卵巣がん、発症率の多い胃がんなどに対して有効であるという事が明らかになっています。

実際にお茶の生産地である静岡県の人々は、全国でも医療費のかからない地域であるという事から、緑茶の消費量が増える事で病気を未然に防ぐ事に有効であるという事がわかります。

飛蚊症は生活習慣との関わりもあると言われているので、普段から加工食品などを食べる生活を続けていると、体内に毒素が増えやすく細胞が老化しやすくなります。そのような状態を未然に防ぐ為にも、緑茶を飲む機会を増やす事は、目だけではなく、体全体の健康を考える上でも必要な事だと思います。

する点としては、緑茶を飲みすぎることで、胃腸障害を起こすことがありますので、適度な量から飲み始めると良いでしょう。短期間で大量に飲むよりも、長期に渡って継続的に飲む方が効果的です。