飛蚊症と関連する眼病

主に網膜からの出血を伴う飛蚊症は、糖尿病や高血圧などの血液の状態が悪い事で発症する場合があります。また、栄養不足が関係しているものや、眼球打撲がきっかけとなるものなどそれぞれです。そこで、どのような病気が関係しているのかについて紹介していきます。


生理的飛蚊症
進行スピードはゆっくりですが、何も対策をしないと年々増加してしまう可能性がありますので、症状が現れ始めたら出来ることから、早めに取り組む必要があると思います。

硝子体出血
硝子体出血は、網膜の病気が主に関係していて、放っておくと失明する可能性の高いものが多く有ります。自覚症状が少しでも現れたら、早めに眼科で検査して貰ってください。

硝子体混濁
硝子体に、何らかの病気が関係して不純物が混ざってしまうという状態のことを指し、硝子体出血等もこれに含まれます。

(加齢)黄斑変性症
網膜には、ルテインという成分が必要なのですが、この成分が、足りなくなってしまうこと等が関係して発症すると言われています。

網膜裂孔
網膜裂孔をほうっておくと、網膜剥離へと発展することもあります。硝子体出血による飛蚊症の場合は、網膜裂孔を発症している恐れもありますので、早めに眼科医で眼底検査を行ってもらう必要があります。

網膜はく離
網膜剥離を発症すると、最初は、映像の一部が見えないという状況ですが、更に進行すると失明の恐れがありますので、緊急度はとても高いです。レーザー治療等が、必要となる場合も多いので、早めに眼科医を受診してください。

網膜静脈閉塞症
この病気は、網膜に関係する血液の病気で出血を引き起こす場合があります。それにより、硝子体出血となり飛蚊症を痔核する場合もあるので注意が必要です。

糖尿病網膜症
食生活の欧米化に伴う糖尿病患者の増加により、現代自に増えている目の病気の一つです。この場合は、失明する危険性も高いので、特に注意しなければいけません。