硝子体内が濁る眼の症状「硝子体混濁」

眼の中は、透明なゼリー状の物質である硝子体に満たされています。硝子体の主成分はヒアルロン酸でなので、正常な状態では透明に保たれていますが、この硝子体が何らかの原因で濁ってしまった状態が、硝子体混濁です。

ですので、飛蚊症もいわゆる硝子体混濁の一つの症状だと言えます。

生理的飛蚊症は、健康的な人でも、加齢によって発症する場合が少なからずありますが、硝子体混濁の状態では、目の前のゴミが急激に増えたように感じます。

更に症状が悪化すると、目の前が全く見えなくなってしまうほど濁ることもあるので、症状の進行状態には十分に注意しなければなりません。硝子体混濁を引き起こす眼病の中には、厄介なものも多く、以下のようなものが該当します。

検査・治療方法

硝子体混濁の症状が進行している場合は、眼科医へ早めに行き、症状がいつ頃から出始めたのか伝える事が必要です。その後、視力検査や眼底検査を行い症状を確認します。

症状がまだ軽い場合は、薬を使用して濁りを吸収する治療を行いますが、ひどい場合には、濁りそのものを取り除く手術が必要となる事があり、1週間~1ヶ月程度の入院が必要となるようです。