(加齢)黄斑変性症

飛蚊症とかかわりある病気に、黄斑変性症というものがあります。

黄斑変性症は、加齢とともに引き起こされるという事から、加齢黄斑変性症とも言われていますが、これも、原因は栄養不足です。

黄斑部の栄養素ルテインが足りなくなると引き起こされる

眼の水晶体を通過してきた光は、網膜に当たる事で刺激となり映像を表示します。この刺激を受ける網膜、また、網膜の刺激が脳へと通る道上にあるのが黄斑です。

網膜と黄斑には、ルテインが多く存在しているのですが、これは、光の刺激を網膜の影響の無いものに中和する為に必要で、この栄養素がルテインなのです。

ルテインが不足すると、網膜が傷付くだけではなく、黄斑部にも悪い影響を与えます。それが、黄斑変性症と言われる眼病の一つです。

また、加齢にともなって増加傾向にある眼病という事から、加齢黄斑変性症と言う呼び方も併用されています。

黄斑変性症は黄斑部が腫れあがる症状

黄斑変性症の原因は、ルテイン不足と言われています。

抗酸化としても必要な栄養素のルテインが不足すると、なぜか、黄斑部の下を通る毛細血管が伸び始めます。この毛細血管を新生血管というのですが、新しく生まれたとなると、身体にも良い影響を与えると思われますが、実は逆なのです。

新生血管は、とても脆い血管なので、簡単に壊れてしまいます。そして、壊れることで内出血を引き起こすのです。さらには、栄養不足が長く続くとそれを繰り返してしまうので、だんだんと腫れ上がっていくのです。

改善方法

黄斑変性症の改善方法として効果的なのは、ルテインの摂取です。

眼科医の中にも、手術などと併用してルテインを摂取を推奨し、改善に効果的であるとい言っているほどです。基本的に不足している事がきかっけで発症している眼病なので、必要な栄養素を補ってやるのが一番効果的です。

ルテインの摂取を始めて黄斑変性症が改善されると、同時に、視力も回復することがあるようですので、網膜に必要な栄養素も十分に満たされた可能性も考えられます。